冬野研究室 Fuyuno Laboratory, School of Design, Kyushu University

シーズの概要

スピーチやプレゼンは、現代人の必修科目になりつつあります。しかし、心理学の研究で、世代を問わず、人前で話すことに緊張や不安を感じる人が多いとわかっています。

場慣れして不安を減らすには、経験をつむことが重要です。
本技術シーズは、これまで1人では練習が難しかったスピーチやプレゼンを、360℃の没入空間で何度でも練習することができる、画期的なバーチャル・リアリティ練習システムです。話す速度やアイコンタクトなど、習得が難しかったデリバリーのスキルについて、科学的根拠に基づいた指標を使い、体感的に指導する学習モードがあります。また、ユーザーのパフォーマンスに自動フィードバックを行います。

たとえばこんな利用シーンが想定されます

Scene 1

学生の方

入試面接、授業、大会などでのプレゼンの練習に

Scene 2

ビジネスパーソンの方

クライアントや上層部への企画プレゼンの練習に

Scene 3

エグゼクティブの方

スピーチや講演会のリハーサルに